ぺぺ教授の東方見聞録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は・・

転職3次面接です!!
さぁそろそろ気合入れていこうかな。
前職とは職務内容が異なるけどスキルアップできるから不安より期待のが大きいっす♪
ま、合格できればの話なんだけどね。。

んで今日はロンドン初心者模擬でした!
人も多くて皆さん上手でアボンしまくってました・・
でも、 めっちゃオモロ♪ また参加したいですね。

さあまたインドで暴れるとしようか!
あ、再度確認ですがイングはもちろんヴェネの方も襲いません。
では皆さん。危険な海の上でお会いしましょうね!!

豪雨のため・・

予定のコンパは中止でした。 とほほ・・

さてゲームでは
東インドのメンバーでの海賊。提督はもちろん皆さんご存知のA氏。
身近で行動させてもらって、改めて彼のブログが偽りないものかを実感しました!

その交渉術、あまりにもサラリと言うのでクサさなんて微塵もない素敵な台詞、
そしてなによりも的確に捕捉し有利なポジションを確保する無駄の無い行動。

これって、もうですねぇ

芸術

ですね^^

あたいはまぁこんな風にはできないから、もうちょい雑になっちゃうんだけど
捕捉したらできるだけ交渉呼びかけています。

最近ちょこちょこ停船してくれるようになってきたので、停船後の交渉術にも独自の
特徴を取り入れれたらと思ってます。
ガンバロ。

そいえば今日ロマン溢れる冒険海賊を実践すべくクエ受けながら遊んでいるとですね、
行く先々でポルトガル国籍の同じ方をお見かけしたんですよね。
最初襲って逃げられ、2回目はなんとか停船までこぎつけたんですが・・
その方もクエやられている冒険家でしたので話すうちになんだか襲う気持ちが薄れて
しまい逃してしまいました。

まぁ海賊としては失格なんでしょうがやっぱりガツガツ襲うだけじゃない触れ合いも
大切にしたプレイをしたいのでこんな結果にもなるんでしょうね。

今日も襲わせてもらった人達! 楽しかったぜまた遊ぼう!! アディオス!

冒険海賊紀行

先日いつもの黄金君と東インドの大海賊A氏と共にインド~アジアを一荒らし。
その後A氏とは別れて2人でアジア方面へ。                                         
すると・・・

前方からフランス籍の商大クリッパーが接近、交戦。

あたい  「帆をたたんで停船すれば交渉に応じる」←生意気・・
黄金   「さすが教授。台詞が素敵すぎる!尊敬してます!!」←たぶんこんな感じかな・・たぶんね。

一瞬間を置いて、

停船したではないですか! どこかの東インド会社のA氏のような光景。

先方   「3Mでどうか?」
一味   「よかろう」←超生意気

手持ちが無いとのことでジャカルタに寄港することに。
銀行前にてトレード。

先方   「今度海事職だったら沈めちゃうから^^」
自分自身初めての交渉成功だったので2人で興奮しておりました。
こんな交渉術にも磨きをかけて味のある海賊になっていきたいものです!

追記
先方と共にジャカルタへ向かう最中の艦隊茶
黄金  「逃げないのかな」
教授  「信じようよ」
黄金  「俺ならにげるけどなww うぇっwwwww」

さすがカリスマ!ほんと要人格再形成っすね^^

次号は今週金曜開催のリアルコンパについて。海賊KEPI、黄金両氏のアドバイスを交えて
お届けします!

冒険海賊組合

最近身近なところで冒険しながら海賊するってのが流行っています。
私自身スキルブックから冒険スキル取り出してクエに海賊にと楽しんでおります。

この様なライフスタイルに共感して頂ける海賊の方々、一緒に世界を旅しませんか?
スキルなんて無くていい
冒険ロマンに胸ときめかせ
当時きっといたであろう冒険海賊になりきってみようじゃありませんか。

興味ある方、直接TELして頂いて結構です。国籍問いません。

さて 幽霊船。行ってきました商会艦隊♪
2艦隊編成で援軍形式。楽しかったですよ!
船尾エンジェルいっぱい取れました。。。 船首くれよ。
幽霊船

恐るべき考古学者

GE商会のネデ海賊と共にロンドンで冒険クエを受けてカリブへ出発。
獲物を探してウロウロしているといるではないですかクリッパー!

ネデ海賊T 「お ポルトガル。」

有利なポジションでの交戦開始で勝利を確信した我々だが甘かった!w
冒険用クリッパーだが船員マックス、側砲に煙幕、船尾砲装備。
弾薬、資材ともに襲撃に耐えられるだけしっかり積んでいるようで、砲撃に対しても即座に修理
している。

まぁしかしこちらは軍用ジーベックに大型ガレオン編成。よほど大丈夫だろうと思い近づくと・・・
タップリ機雷が撒いてありました。機雷原にまんまとはまり今度はこちらが修理連打するハメに。
危うく海賊Tが沈みそうになりましたよw

結局、白兵も撤退を許し、船尾砲でけん制され、まんまと逃げられましたとさ。
まぁ相手が上手い立ち回りだったけどこっちも下手なんだろな。
 
T君と反省しつつポルトガルの御餅さんに敬意を払いつつ東インドの大海賊の活躍を横目で見つつ
楽しくスリリングな夜は更けていきましたとさ。

あ。
GEのKEPIさんの海事レベル解除を手伝って下さったYブ医者様。感謝感謝です♪

では皆さん、おやすみあれ^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。