ぺぺ教授の東方見聞録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もまったり

冒険海賊です。
クエでアレクサンドロス大王の鎧をゲット、早速装備・・
な、なんか微妙っすね。
フレの反応もいまいちでした;; でもでも
自分で掘った装備って愛着沸きますね。大事に使いたいです。

海賊業は・・ いまいちですねぇ。
悪名5000なんて夢のまた夢。
金庫で眠っているフォルバンコートをずっと着れない予感ですよ、トホホ

もっとガツガツ襲えばいいのかもですねw でもガラじゃないです。ハイ。

そーいえばさっき聞いたんだけど、東インドの生産えきすぱーとのMヘ様が
カッツ100の作成に成功したとのこと!
この場を借りて祝福いたします!!

それでは皆様、海でお会いしたら、遊んでください! 喜びます!!

スポンサーサイト

インド西岸で

夜遅くにインして早速出航。
インド周辺をブラブラするとイスパニア籍の商クリッパーが接近。
さぁ獲物だとテンションを上げつつ交戦を仕掛ける。

いつもの様に停船→交渉を呼びかけるも
まぁ決裂ですね。遠慮なく拿捕させてもらいました。 すると

「☆○□△」的な悪態を頂きました。こちらもそういった言葉を覚悟の上で
海賊業しているわけなので
「あぁ ヘタレでいいぜ」
と返事をするとなにやら様子がおかしい・・

「ちょっと気分が悪かった時にPKされたからつい」

うん。その気持ち理解できるなぁ。

その後カリカットの酒場でお会いしてしばしの会話。
ピザまで頂くことになってしまい、こちらとして大変うれしいんだけど
なんだか微妙な感じでした。

某黄金氏に話すと
「教授は優しいな」
との言葉。

まぁ確かにTELLきても無視すればいいんだろうけど、どうもあたいには
それができないらしい。 

海賊あんまり向いてないのかなって少し考えたけど、いややっぱり他人に
甘いとか優しいと言われても、自分に素直な表現の上で海賊という遊び方
を楽しめばいいんだって思ったのでありました。

ということで
今夜インドで襲ったイスパニアの貴方! 楽しかったぜまた遊ぼう!!

明日は・・

転職3次面接です!!
さぁそろそろ気合入れていこうかな。
前職とは職務内容が異なるけどスキルアップできるから不安より期待のが大きいっす♪
ま、合格できればの話なんだけどね。。

んで今日はロンドン初心者模擬でした!
人も多くて皆さん上手でアボンしまくってました・・
でも、 めっちゃオモロ♪ また参加したいですね。

さあまたインドで暴れるとしようか!
あ、再度確認ですがイングはもちろんヴェネの方も襲いません。
では皆さん。危険な海の上でお会いしましょうね!!

豪雨のため・・

予定のコンパは中止でした。 とほほ・・

さてゲームでは
東インドのメンバーでの海賊。提督はもちろん皆さんご存知のA氏。
身近で行動させてもらって、改めて彼のブログが偽りないものかを実感しました!

その交渉術、あまりにもサラリと言うのでクサさなんて微塵もない素敵な台詞、
そしてなによりも的確に捕捉し有利なポジションを確保する無駄の無い行動。

これって、もうですねぇ

芸術

ですね^^

あたいはまぁこんな風にはできないから、もうちょい雑になっちゃうんだけど
捕捉したらできるだけ交渉呼びかけています。

最近ちょこちょこ停船してくれるようになってきたので、停船後の交渉術にも独自の
特徴を取り入れれたらと思ってます。
ガンバロ。

そいえば今日ロマン溢れる冒険海賊を実践すべくクエ受けながら遊んでいるとですね、
行く先々でポルトガル国籍の同じ方をお見かけしたんですよね。
最初襲って逃げられ、2回目はなんとか停船までこぎつけたんですが・・
その方もクエやられている冒険家でしたので話すうちになんだか襲う気持ちが薄れて
しまい逃してしまいました。

まぁ海賊としては失格なんでしょうがやっぱりガツガツ襲うだけじゃない触れ合いも
大切にしたプレイをしたいのでこんな結果にもなるんでしょうね。

今日も襲わせてもらった人達! 楽しかったぜまた遊ぼう!! アディオス!

暇だったので

少しというか結構涼しくなってきましたね♪
クーラーなんて消して自然の風をお家の中に入れましょう!

そんな心地よい場所で是非聴いて欲しいお勧め音楽がこちら、
ぼっさ

ジャズボッサとか言われることもあるみたいですね。
1曲目のTHE GIRL FROM IPANEMA(イパネマの娘)はあまりにも有名なので皆さん聞いたことがきっとありますよ♪
ちなみに教授の重ガレアスの船名はこの曲名がついています。

でもでもですよ。個人的にお勧めなのは6曲目のSO DANCO SAMBA(ソ ダンソ サンバ)!
意味は「私はサンバしか踊らない」ってことらしいですよ^^
なんというか、このCDの心地よさが凝縮されているような1曲で、ギターに合わせてジョアンの歌声が爽やかに、でも軽すぎることなく流れていきます。

有名な1枚なのでそこそこのお店なら復刻版で安く手に入ります。
是非皆さん、心地よい風の中で至高の音楽を楽しんではいかがですか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。